誕生日プレゼントも悩みどころ

還暦を迎えたみなさま、これから迎えるみなさま、
お元気でなによりです。

誕生日プレゼントって悩みますよね。

還暦祝いとなればなおさら。

私は、現在32歳ですが
幼馴染とプレゼント交換をはじめて
もう12年くらいになります。

若い頃は、2000円くらいだったけれど
だんだん年を重ねるにつれ、
3000円から4000円くらいのものになってきました。

40歳くらになったら
5000円くらいになるのかな?

還暦くらいになったら1万円のプレゼント交換を
するのかしら?
なんてね。

父への還暦祝いは、
ヤマ○デンキに行って、
マッサージチェアに座ってもらって
これがいい!
と、選ばせようと兄弟3人で相談しました。

その日に、写真館で家族写真を撮ろうということも
相談して決めました。

家族写真はなかなか撮らないでしょうが、
還暦祝いにこそ、写真として撮っておきたいですね。

すごい失礼で、不謹慎ですが
遺影にもなるのかな? と。
綺麗に撮れている写真があれば
普通の写真でぼけぼけなのを遺影にするより
格段にいいはず。

まぁ、何年、何十年先であってほしいものですが。

10 10月に迫る・・・

10月某日、
父が還暦を迎えます。

とうとう60歳かぁ〜

わたしのイメージの60歳は
けっこうなおじぃちゃんなんだけど
自分の親が還暦ともなると
なんだか変な感じ。

いつまでもあると思うな親と金・・・

そんな格言あったかしら?

そういう気がします。

還暦のプレゼント、
還暦のお祝いは何にしようかなぁ

兄弟と話し合わなくてはいけませんね。

お盆に帰省したときにお土産を囲んで
話しをしましょう。

マッサージチェアって言うかな。
まだ・・・


マジカルブーケ

ベタかもしれませんが、
やっぱり花束も喜ばれますよね。

特に女性はお花をプレゼントされると
嬉しいものです。


そのまま飾れる不思議な花束
マジカルブーケ


ラッピングを取らずに
そのまま飾れるっていうのがGood!

花瓶もいらない、
面倒な水かえ、お手入れが全くナシ。

外食にみんなでいくよ〜
っていうときも
食卓に飾るのもいいですよね。
なんだか特別って感じがするし。


私はまず新入学&進入園を迎える
友達の子どもにプレゼントしようと思っています。
ママも嬉しいですよね! きっと。


マジカルブーケのお店:ハート&フラワー ファレット

家族みんなで写真撮影

還暦のお祝いは、
家族みんなで集まって食事をします。

という方もいらっしゃるでしょうね。


我が家もとりあえずは
みんなで集まったからには
大勢でわいわいできるお食事屋さんで
ご飯を食べようと思っています。


と、その前に、
近所のレトロな写真館で写真を撮るというのは
いかがでしょうか?


もちろん、レトロな写真館でなくても
最近できた新しい写真館でもオーケーですよ(笑)


みんな、ちょっとオシャレをしてくるはずですし、
あなたが音頭をとって、
「よぉ〜し! 写真でも撮りに行くか!」
って言えば、
「え〜! ちょっとびっくりしたけど
それ良いアイデアだね!」
といわれること間違いなし。(多分)


そして、出来上がった写真を入れるフォトフレームを
オーダーメイドすれば・・・
立派な還暦の贈物になりますよね〜

トロフィーのことならの、
123トロフィーさんでは、
輸入トロフィーはもちろん、
オリジナルストラップ、マグカップ、
オーダーメイドのフォトフレームなど、
オーダーギフト製造販売のお店。

レーザー高精細レーザーマシンで名入れ加工してくれるから
あっというまにオリジナルギフトに!

フォトフレームも数種類あったので
じぃじばぁばの好みに合わせて、
インテリアに合わせて選ぶことができますよ〜

マグカップもおもしろかったですよ。
お孫さんの絵なんかをオリジナルマグカップにして
プレゼントしても喜ばれるかもしれませんね。

じぃじばぁばの似顔絵だったり、
いつまでも元気でね、とか
いっぱい遊んでね、とか
メッセージを書いてもいいですよね。

旅行&高級旅館宿泊

手元に残らなくても、
楽しい思い出になる・・・

というわけで、
旅行&高級旅館宿泊っての、
いかがです?



楽天なら全国各地からさくっと選べます!

あなたのお住まいの場所、
おじいちゃん、おばあちゃんの住む場所の近くでも
もちろんオーケーだし、

ちょっと遠出してみるのもいいかも。

やっぱりツアーじゃなかなか泊まれない
高級旅館、高級ホテルなんかが良かろうと思うが。

部屋に露天風呂が付いてたりしたら
かなり良い。

みんなでわいわい露天風呂ってのも
良い思い出になりそう。

高級なお宿だから、夕食も期待できますしね〜

いやはや、旅行もしたくなってきたぞ〜
子ども2人いると、なかなか・・・

あ。

いいじゃん。

じぃじばぁばに子守してもらえば!

自分たちも楽しめちゃう旅行、
オススメです。

1947年モノのワイン

ヒグチワイン Higuchi Wine
の、
還暦のお祝いに バニュルス グラン・クリュ[1947]Banyuls Grand Cru[1947}ワインの木箱入り ...
ってワインがありました。
ちゃんと1947年モノです。


しかも、その宣伝文句に私はヤラレました。

「生まれ年のワインには特別の意味があります。
あの方がお生まれになった年の気候や時代を閉じこめて、
そのまま瓶の中で熟成を重ねてきました・・・

時の流れがワインに深みと風格を与えており、
皆さまでお祝いの席で召し上がるには
最適のワインと確信しております。」


なるほど・・・
いいね、これ。
素敵だね、これ。

このワインを飲みながら
みんなで宴会したら楽しそう。

昔話に花が咲いたりしてさ。

ワインが苦手な還暦を迎えた人も、
ワイン好きが親類に1人はいるはず。

その人にワインの薀蓄を語ってもらいながら
酔うってのもオツですぜ。



やっぱりマッサージチェア

父に、
「還暦の人、多い年だよね。
 みんな何がほしいんだろうねぇ〜?」

なんて聞いてみたら

「マッサージチェア!」
・・・。

やっぱ欲しいのね・・・
本命はそれなのね・・・

というわけで、
マッサージチェアを探しました。

家電を取り扱う店に行って
座って、マッサージ体験して、
店員さんの話を神妙に聞いてきました。

店員さんも
「それは親孝行ね!
ぴったりの還暦祝いだと思うわ〜」
と、ノリノリ。

そりゃそ〜でしょ〜よ。
値段が値段だもの・・・。


ナショナル リアルプロフィット EP3010-C
マッサージチェア+フットマッサージャーセット
「デジタルGメカ」で160種類の手わざ



なんだこの機能?!
なんだこの手もみ感覚?!
気持ちえぇわぁ〜!

私が欲しいっちゅ〜ねん。
だがしかしアパートの身・・・。
あ、実家に帰った時に使えばいいのか。

足をマッサージしてくれる機能がついてるの、
やっぱ良いですよ。
オススメです。

とりあえず家電屋さんで座ってみてください。

納得です。

でも、23万くらいのお値段なら、
なんとか・・・いけそう?!

たったひとつの贈物

世界にたった一つ・・・
というのも
なかなかいいプレゼントですよね。

私がチョイスしたのは、これ。


世界でたった1冊!
本のカバーに自分の名前が印刷される
「私の人生ノート」


自伝を書きたい、自伝を自費出版したいという
団塊の世代の方々が多いんですよね。

やはり、次の世代や子どもに自分の生きてきた経験や
ことばなんかを残したいという気持ちが働くのでしょうか。

この人生ノートは、「日記形式」で簡単に記入できちゃうんです。
だから、オリジナルの自伝を作るのと同じなんです。

誕生から、現在まで、
幼児期・少年/少女期・学生時代、
仕事について・家族について、といった項目に従い
本に直接書き込む形だから、
誰でも簡単にできちゃいます。

大切な宝物になりそう。

縁起が悪いことを承知で書かせてもらいますが、
たとえばその人が亡くなったときに
みんなでこの本を囲めば、
故人を偲んでいつでも思い出すことができるような気がします。

先祖を大切にする心につながるような気がするんですよね。


還暦にプレゼントするには
「私の人生ノート」はベストアイテムだと思いません?

私の父が還暦を迎えます

2007年、還暦を迎える方は
多いでしょうね。

昭和22年は父が生まれた年で、
学校のクラス数が一番多かったと言っていました。

父は今では4人の孫をもつ
おじいちゃん。

ウォーキングや山登りに目覚めた
まだまだ元気な59歳です。

10月にとうとう還暦を迎えるので、
兄弟たち、孫も含めて
何かプレゼントを・・・と
思っているのですが、
今時「赤いちゃんちゃんこ」
もなんだよなぁ〜
と思っていたのです。


で、
還暦祝いは何にしようか迷っている
私世代の方々のために
還暦祝いのプレゼントランキング(勝手にですが)
しちゃいました。


うちの父は
「マッサージチェアが欲しい!(推定30万くらい)」
と、私たち兄弟の懐具合も気にせず言っていますが・・・。


3人兄弟なので、ひとり10万づつか・・・
う〜ん。
検討の余地あり?
なし?


あ、長女の私がど〜んと20万くらいだせってか?
な・なるほど。
そういう手もありますな。


リッチな方々は
マッサージチェアを何個もプレゼントしていただいて
(何個もいらないか・・・。いや、部屋に1台とか。)

とりあえず
我々世代の懐具合を考えて
チョイスさせてもらいました。


昭和50年仲間よ、
頑張りましょうぜ。

いや、いろいろと・・・。ね。